公立中高一貫校への道

兄ツムの中学校を目指す妹リリ(小2) 受験の体験談や学校の出来事と家族の笑えるお話

心に刻み続ける合格発表の日

こんにちは。yaakoです!

 

受験のシーズンが来ると、長男の中学受験の頃の事を思い出します。

 

長男ツムは中学受験を経て、公立中高一貫校に通っています。

 

 

yaako-family.hatenablog.com

 

ツムにとってはじめての受験。

はじめての合格発表がありました。

 

ツムが合格した時は、自分の高校受験の時以上に嬉しくて感動的だった。

 

 

 

 

 

当時のツムの志望校の合格発表は、ネットでは発表されず直接張り出してるのを確認しに行くのみだった。

 

 

当日の朝、時間より少し早めにツムと2人で出掛けた。

 

学校までの道のりが、とても遠く感じた。

 

ツムは、受かる自信があったらしい。

でももし、不合格ならどう声をかけよう。。。

 

私自身も、ショックでちゃんと気のきいた言葉をかけられる自身がない。。。

 

 

学校に着くと、門の中にすでに20人ほど並んでいた。

 

その先頭を見ると、転塾する前に行っていたA塾の先生達がいた。

さすが、この志望校専門のコースを長年していて、沢山の合格者を出している塾だなぁ。と思った。

 

 

うちの塾の先生は??

 

1人もいなかった。寂しかったがもう合格発表を見るのみ。心細いが仕方がない。

 

 

並んでいた周りを見ると、合格発表の張り出しされる様子がなかったので、ツムとどうやって発表されるんやろうなぁ。

校舎の上から、垂れ幕が降りるのか?

張り出されたボードを先生がもってくる?とか?

時間まで和やかに話をして待っていた。

 

しばらくして後ろを振り向くと、沢山の受験生と保護者さんがいっぱい並んでいた。

こんなに、受験したんだなぁ。と実感した。

 

 

時間が迫ってきた。

 

垂れ幕が降りる様子もない。。。

 

 

 

そんな中、時間がきた。

 

ゆっくり前の方から歩いて来て下さい。だったw

 

ツムと違ったなぁw 。なんて話していたがそれどころではなかった。

 

 

小学1年生の時からの憧れの学校。

ツム本人はもちろんの事、旦那も勉強面のサポートをしてきて、親子3人必死になって頑張って来た。

やるだけの事はやった。

 

合格者の受験番号が沢山書いてあり、張り出されてるのが見えた。

 

私もツムも、受験番号は覚えていた。

 

張り出されているのを2人で眺めた。

 

 

 

私は見つけた!

 

ツムの番号があった!

 

 

 

横を見ると、まだ探しているツム。

 

自分で見つけるまで私は待った。。。

 

 

 

ツムも見つけた!

 

2人で喜んだ!

 

泣いた私。。。

 

本当によかった。

 

 

 

塾の先生が来た!

先生も喜んだ。

 

「ツム君が受からなかったら、他の子誰も受からんって位に出来てた!」

っておっしゃて下さいました。

そうやったんや。。。嬉しかった。

 

 

先生とピースで写真を撮り終え、合格者は事務手続きがあったので受けつけへ向かった。

 

受付でも涙する私。

周りを見ると誰も泣いてないw

それに対してクスッと笑うツムw

 

 

受付を終えて帰ろうとしたら、前の記事でもお話しした辞めた方のA塾の先生が「おめでとう」と声をかけてくれた。

実際、2つの塾でお世話になった様なものだ。ありがたい。

 

↓その時の記事。

yaako-family.hatenablog.com

 

 

 

 

家に帰った。

旦那に、帰って来てから報告してほしい。と言われていたので電話はしなかった。

おばあちゃんも、(前の記事でも話した)下の子を預かってくれたママ友も心配で待っていてくれた。

ママ友さんも泣いて喜んでくれた。

↓その時の事を書いた記事。

yaako-family.hatenablog.com

 

 

みんなの協力があっての合格だね。

 

母にとっても人生の中で、思い出深い出来事だった息子の中学受験が終わった。

 

そして、いい経験だった。

 

この経験を下の子リリに活かして、2度目の感動の合格発表になるといいな。。。

 

 

 

yaako-family.hatenablog.com

 

 

yaako-family.hatenablog.com

 

 

yaako-family.hatenablog.com